あごのプチ整形にはヒアルロン酸注入!!

あごのサイズが小さいと、あご自体が引っこんでしまっているように見えます。
正面から見た時に、口元をとじた状態だと、ほっぺたが、少しふくらんだように見えてしまったりします。
さらに、顔を横から見た時も、表情にしまった感じがなく、綺麗な輪郭になりづらくなります。
この際、あごの先端にボリュームを持たせることで、立体的なあごのラインであるEラインが実現します。
このEラインが完成すると、とてもきれいなフェイスラインを作り出します。
あごのプチ整形をおこなう際に、先端にボリュームをつけるために注入するヒアルロン酸は、体内の成分にもともと存在するものです。
注射器で細い針を使用して、あごにヒアルロン酸を注入します。
注入後の腫れや内出血もほとんどありません。
施術後、1時間程度でメイクをすることも可能で、いつも通りの生活を送ることにも全く支障はありません。
注入したヒアルロン酸は1年程度で体内に吸収されていきますので、異物が残ってしまうというような心配もありません。