前歯の差し歯の根本治療について

10代の若いときに前歯が欠けてしまい、その時から差し歯をいれての生活が始まりました。
当時は歯の根っこに太い金属を刺して土台にし被せ物をする形で作られましたが、
前歯ですので被せ物が欠けやすく、取れてしまうことも多かったです。

何回も取れては被せてもらい、土台を少し削って新たに作っていたのですが、
その土台があまりに頑丈で太いために周りの根っこが破損する可能性があると言われたのが、現在通っています医院の先生からでした。
根はまだ無事だけど、この土台を外して根っこの治療をして、
新たにもっと根に優しい土台を作らないと入れ歯やブリッジしか手が無くなるとおっしゃり、納得しました。
強すぎる素材の土台では肝心の根が傷ついて折れてしまうのです。
今はわざと折れやすい素材を使い、衝撃が加わったら折れて根を保護するのです。
結果前歯の根本的治療にもなりますし、時間は掛かりますがお任せすることにしました。
この医院の先生はとても治療が上手くて丁寧に説明してくださり、信頼できました。
いろいろな医院に、この前歯のせいで通ったのですが、他に行く気はもうありません。
親不知の抜歯も埋もれているのにあっという間に全く痛くなく抜いてくれました。
待望の前歯の本歯が入った時は、保険内にも関わらずとても自然で綺麗な歯をいれて頂き、かみ合わせも良くて感激しました。