子供の眼科受診は早めが一番

子供の体調の異常のうち、親が気付きにくいのが視力の下降です。
本人は、徐々に見えにくくなっているために、とりわけて自分の現在の視力が他の子達より低い、とは気付きません。
また、子供がものをどんなふうに見ているかは、いくら親といっても他の人間である以上、わからないのです。
子供の視力の低下に気付くのは、たいてい学校で行われる視力検査のときです。
何も問題がないと思っていた我が子が「要受診」の紙を持って帰ってきたらびっくりしますが、
とにかく早く眼科を受診しましょう。
遅くなって得することは何もありません。
眼科では、特に痛い検査もしませんから、子供も嫌がらないでしょう。
眼科では様々な方法で子供の目を検査します。
近視だとわかったら、メガネを作った方がいいでしょう。
昔は、メガネをかけると目が楽をしてしまい、かえって視力が落ちる、と言われていましたが、
今はどこの眼科医でも、本人にとってもっとも見えやすい度数のメガネを早く付けるべきだ、と言います。
これは、度が合ったメガネをかけることによって、子供の脳に正しい画像の結び方を学習させることができるからです。
メガネをかけずにいると、脳は間違った画像を現実のものとして認識してしまいます。
子供の視力低下がわかったら、すぐに眼科へ行き、適切な処置を仰ぎましょう。